HOME
最新地酒情報
当店の【金波銀波の子吉川】
当店の【百の福】
お酒の用語説明
掲示板
由利正宗・
雪の茅舎
天寿
飛良泉
出羽の富士
秋田県の焼酎
秋田のワイン
秋田味噌
ご注文フォーム
メール
酒蔵探訪その1
酒蔵探訪その2
店主の部屋8月15日から
店主の部屋3月1日から
店主の部屋2月2日から
店主の部屋1月9日から
店主の部屋10月1日から
店主の部屋7月1日から
店主の部屋6月1日から
店主の部屋5月1日から
店主の部屋4月1日から
店舗のご案内
特定商取引に関する法律に基づく表示
リンク集
店主の部屋3月1日から
〜実際に利き酒してみた感想やら、一日の出来事など、当方の個人的な感想を書いています。
【7月31日】バフ・ビューティが咲きました。
庭に欅やもみじの陰になる場所しか無く、直射日光が南〜西しか当たらないという場所にバフ・ビューティを植えていましたが(写真は今日の朝10時頃、やや日陰です。)、昨日から咲き出しました。小型の花で、かわいらしく、香りも良く、あと10個ほど蕾が見えます。
〜イエローやアプリコットのランブラーをトレリスやアーチに絡ませてみたい、香りがある、返り咲きの品種がほしいとお考えの方におすすめしたいのが、バフ・ビューティです。
10cm径前後の大輪の花が、細く柔軟な枝先に開花します。枝長さは300cm前後、ランブラーとしては扱いやすいサイズで、フェンスなどに誘引して優雅にアーチングする花を楽しむなど汎用性の高い品種です。
耐寒性、耐陰性のあるクラスとして、定評のあるハイブリッド・ムスクの中で、おそらく、もっとも愛されている品種です。
【7月26日】ヘリテージが咲きました。
我が家のヘリテージは、アブラハム、ダービーを購入の同じ頃、ホームセンターに1鉢だけ残り、傷だらけの葉、傷だらけの枝が痛々しい状態で購入したものです。家に帰り、殺虫剤を葉の裏に掛けると、ばらばらと青虫のような毛虫(ちゅうれんじ?)が数匹落ちてきて、前途多難を思わせていましたが、元気を取り戻し、花を見せてくれました。感激しております。
ヘリテージ/Heritage(イングリッシュ・ローズ)は花芯が色濃く染まるピンクの花色、強い多花性の性質が魅力の品種です。

【7月26日】パット、オースチンが咲きました。
パット・オースチンはデビット、オースチンさん(イングリッシュ・ローズといわれるバラは全てこのデビット、オースチンさんが生み出したものだそうです。)の奥さんの名前とか、、銅色を思わせる深いカッパー・オレンジが個性的で良いです。こちらは通販で購入したものです。業者さんにより、苗の管理で健康状態が違いますね。

パット・オースチン/Pat Austin(イングリッシュ・ローズ)は、オールド・ローズの花形にカッパー・オレンジの花色をもたらしてくれた画期的な品種です。
カップ型の花形。細めの枝ぶりのため、花はうつむきかげんとなります。
【7月24日】ついに、ごまだらカミキリが庭に現れました。
午前、庭の警備(?)をしていた私は、私の世界一嫌いな虫、ごまだらカミキリをついに庭で1匹見つけてしまいました。
4個実をつけた、桃の葉の上にいました。手ではたいて地面に落とし、踏み、その後アスファルトで完全に捕殺しました。

幼虫は俗にてっぽう虫とも呼ばれ、卵から孵った幼虫が幹の中を食い荒らします。もみじ、いちじくや果樹、バラなど高範囲に被害を受けます。春はもみじの地面の根元から木くずが出ていて、大きな穴が開き、針金を差込殺しました。(薬剤も使用)だまって放置しておくと、庭にある、あらゆる樹木が、カミキリの幼虫に殺されてしまいます。子供の頃は、面白い昆虫と思っていましたが、今は、大切な木や植物を殺すギャングにしか見えません。
【7月20日】アブラハム・ダービィ
アブラハム・ダービィがようやく咲きました。5月末ころホームセンターのバラの売り場の隅に葉がひどく傷だらけで1鉢だけ残っていたのを買ったものです。本などによると、香り、色、耐病性が高く、評価のとても良いバラで、1本はほしいとおもっていたのでした。植えつけて1カ月近く何も反応が無く、「相当ダメージが大きかったのか?今年咲かなくてもいいから、来年の春のために地道に育てよう。」と思っていましたが、最近、新しい枝もいろいろな場所から伸びだし、つぼみもつけてきて、元気を取り戻してきたようでした。午前9時頃の最初の花の様子です。香りも素晴らしいです。
アブラハム・ダービィ/Abraham Darby(イングリッシュ・ローズ)は、大輪、浅いカップ型、ロゼッタ咲きとなる花形。ピンク・アプリコットの花色は、ピンクが濃く出たり、逆にオレンジ色気味になるなど、季節により多少の色変化が生じます。
【7月20日】マルコポーロ
HT(ハイブリッド、ティー)マルコポーロが何回目かの花を咲かせました。黄色いバラは余り庭にないのですが。見ていると元気がもらえるような気がします。香りも素晴らしいです。通販で強香HT(ハイブリッド、ティー)ローズ大苗4本で3200円(1鉢800円)などという格安で入手したものですが、病気も特に無く、4種の色、香りが楽しめるお買得品でした。
【7月20日】子吉川フェアに行きました。
地元のイベント、子吉川フェアに家族で行きました。漁船に乗れる企画があり、乗り場のアクアパルから下流500m程度の日本海まで乗せてもらいました。途中の川の眺め、雄大な海の上の眺め、大変良い経験ができました。家族も大満足のようでした。
【7月7日】さきほどジュード・ジ・オブスキューが咲きました。
春に購入したジュード・ジ・オブスキューが咲きました。夜から弱い雨が降り続く中、曇りの庭をひときわ明るくしてくれるように咲いています。厚みのある花びらと複雑な花の形、色、綺麗でした。

〜ジュード・ジ・オブスキュー/Jude the Obscure(イングリッシュ・ローズ)は、アプリコット、典型的なカップ型の花形。
アプリコットといっても、ピンクに染まることがありがちなイングリッシュ・ローズの中にあって、「杏子(あんず)色」が安定した品種です。

【7月6日】とても熱い日でした。
だいぶ開花した花を摘み、机に水を入れた入れ物に生けて置きました。バラの香りが部屋に漂います。

中央上、下.團─璽襦Ε鼻Ε蹈鵐機璽/Pierre de Ronsardは、クリームをベースにライト・ピンクの覆輪が入る、ロゼッタ咲きの華麗な花。葉をおおい隠すほどにいっせいに花開く春、庭を華やかな雰囲気で満たしてくれます。
美しいバラの花のなかなあっても、なお際立って美しく花咲く品種です。
右◆屮ぅ鵐哀螢奪轡絅蹇璽此.好團螢奪肇ブフリーダム」しっかりと染まる美しい花色で、花弁は緩やかに揺れる感じにギュッと詰め込んだカップ咲きの花姿。美しさを目一杯詰め込んだ感じです。
左ラ、フランス 
【7月4日】明日は次男、大介の1歳の誕生日です。
明日は次男、大介の1歳の誕生日です。もう、すっかり歩くのも上手になり、走る位の時もあります。階段も上ります。
行動、しぐさ、声、表情などいろいろ面白く、笑わせてくれたり、家族を楽しい気持ちにさせてくれる存在です。

明日は小さなケーキでお祝いの予定です。

昨日からずいぶん開いた、ピエール、ド、ロンサールかわいい花です。
【7月3日】お家のピエール、ド、ロンサール
バラに詳しい方ならご存知の人気のつるバラ、「ピエール、ド、ロンサール」です。

周りが白く、中心がピンクが大変美しいバラです。基本的に1季咲きなので、来年までもう見る事ができないかもしれません。条件がよければ、秋に小さい花が見られる可能性もあるそうです。
【7月3日】HTラ、フランス
お家のハイブリッド、ティーローズ「ラ、フランス」です。

強い香りで有名です。今、庭には20種類程度のバラがあります。それぞれ違う特徴があり、手をかける作業内容も違いますが、基本的には毎週、病気、害虫対策の薬を噴霧したり、液体肥料をあげたり、しています。(教科書とうりの作業です。)
毎日、今は夕方水をあげていますが、その際は病気がないか、害虫がついていないか、観察しながらの水あげです。好きだからやれるのでしょうが、、、
【7月1日】今年もあと半分過ぎてしまいました。
時間は、あっという間に過ぎていきますね。

先日、家族で本荘公園に行き、公園の池の鯉にパンを上げた様子です。
長男がはりきって上げています。

鯉に混じり、なまずも何匹もいました。鯉の迫力で追いやられていたようです。
【5月29日】イチゴの収穫
庭には30以上のイチゴの株が育っています。2年前に3鉢ポット苗を植えて、ライナーであちこちに伸びてしまったものです。
今年は過去、最高の大きさと数量が見込めています。イチゴの肥料も事前に施してきたし、春から好天が続き、育ちがよくなったためと見ています。

左端はワイルドストロベリーの実です。これは一諸に植えないほうが良いですね、他のイチゴの苗と区別が難しいです。
【5月9日】バラに夢中
「バラは難しい。」「バラは園芸上級者だけのもの。」などの文を見ていましたが、庭に美しいバラがあれば素敵だろうな〜と思い、挑戦する事にしました。

,弔襯丱蕕鬟僉璽乾蕕貿腓錣擦萄蕕せたい。▲ールドローズを基本通りに育てて、美しく咲かせたい。を目標にがんばってみたいと
思います。

この写真は「オールドローズ レディヒリンドン」教本の通り、この後すぐ花を花瓶に取り、来年に向けて株を育てる方向にしました。
【3月31日】山形県湯の浜温泉郷へ
31日は長男の4歳の誕生日です。それだからではないのですが、家族と親戚7人で湯の浜温泉へ行きました。30日午前10時出発〜加茂水族館〜遊水亭いさごやさんへ。
夕食は季節感を重視した「桜鱒」をメインに、食べきれないほどの種類、量の料理。知らなかったのが、なんと板前さんがわざわざ食事の場所に来て頂き、備長炭であわびを焼いていただきとりわけていただいたり、海鮮コースなので、山形牛も1品だけ追加し、自慢の生酒も少しだけいただきました。考えられ、上品な朝食。お風呂は露天風呂4個含み6個。塩分を含む、透明で清潔感のある温泉。家族では新婚以来の旅行となりました。あと、なにを望む?と考えてもすぐ出てこないほど、素晴らしい温泉旅行となりました。長男は誕生日だからとケーキとプレゼントも頂きました。

木島酒店  〒015-0067 本荘市三条字三条谷地32 TEL:0184−22−1518